ここから、その先へ

「人間には、いつでも新しいことをはじめる力がある」ー大好きな言葉を思い

いつでも、ここが出発点。
何事も自分の気持ち一つということに
うすうす気がつきはじめました。

日々のことをつづりながら
子どもの成長を見守ります。

親になるって、むずかしい

よくありがちなんですが
私は、田舎で、あまりいい育ちをしてはいないので
ああいう親にはなりたくはないという見本だけはあります。


多分その気持ちを裏返すと
こういう親になりたいというものを
きっと持っているんだと思います。


でも、親って親としてこうあるべきというより
子によって
親にならされていくものなんだなというのが
今の実感。


理想の親になんて、なれなかった。
ただ、あの子の親にならされていっている感じがしています。


これから自分がどうなるのか見通しがないので
不安定な気持ちでいます。


「親育ち」って言葉がありますが
それとも、感覚的には違います。
「親育ち」って言葉は
親として育てられている
親として成長できている
そういうことに喜びを見出しているような言葉に感じています。


私の感じていることは喜びという類のものではない気がします。
もちろん、子どもが育っていってること自体には喜びはあるのですが。


それよりは
私という人間が
私の子の親にならされていっている気がしています。
私が私でなくなっていく感覚というのか
別の私がたちあらわれてきたというのか
なんか、変な感じがしています。


なんなんだろうか。私。