ここから、その先へ

「人間には、いつでも新しいことをはじめる力がある」ー大好きな言葉を思い

いつでも、ここが出発点。
何事も自分の気持ち一つということに
うすうす気がつきはじめました。

日々のことをつづりながら
子どもの成長を見守ります。

関西のおいっこ

身内の恥さらしになりますが(^_^;)


年長のおいっこ
ペーパーのお勉強はそこそこできるよう。
なので小学校受験するそうです。


・・・でもさ
トイレの後大でも小でも流さない、とか
(自宅は自動水洗ではありません)
自分の言い分が通るまでさわぎ続ける、とか
四六時中お菓子食べてる、とか
(遊びながら口にお菓子が常に入ってる)
ご飯中座ってられない、とか
そもそもお菓子食べすぎでご飯あまりたべないし・・・


基本的な生活習慣ができてないことを
親がもっと気にかけないと
受験以前に
ふつうに小学校生活に、なじめないかも。


受験も行動観察でひっかかりそうな・・・


遠くのおばちゃんが口出すことじゃないからさ
何も言わないけどさ。
何かが違う気がする・・・
親としてのあり方を、考えさせられます・・・



小姑根性を少し吐き出してしまいました^^;