ここから、その先へ

「人間には、いつでも新しいことをはじめる力がある」ー大好きな言葉を思い

いつでも、ここが出発点。
何事も自分の気持ち一つということに
うすうす気がつきはじめました。

日々のことをつづりながら
子どもの成長を見守ります。

あっという間

ちょっとした用事で

子どもの小学校に夕方行きました。


薄暗く、人気のない学校。


1年生だったころの教室の前を通りすぎ

入学式が、ついこの間のことのように。

真新しいランドセルばかりが大きくて。

とてもとても愛らしかったな。


この6年間は、なんだったんだろう。

中学受験は、どうしてしたんだろう。

苦しい、悲しい思いもたくさんして

小学校生活の半分もかけたのに

どんな結果に終わるか、誰にもわからない。


誰もいないグラウンドで

哀愁にひたってみました(^^;


家に帰ると、うちの子

けなげに追い込みかけてます。

そう。最後まであきらめないでいてくれて

それだけでも、嬉しく思います。


あー。早く受験おわってくれい。