ここは通過点

過去と未来の間に
今います。

日々のことをつづりながら
子どもの成長を見守ります。

マッサージ

せっかく気持ちが持ち直してきてるので 休日の今日 ゆっくり寝かせて 起こしに行った時にマッサージしました。 足裏からふくらはぎ 腰、背中、肩甲骨、脇下、肩、首 こめかみ、頭、目 拒否せず、受け入れてくれました。 久々の親子のスキンシップ。 気持ちも身体もリラックスして 今日を過ごしてほしいです。

冬ってよくないですね・・・

ただでさえ、ふさぎがちな時期なのに どんより曇り・・・ 洗濯も乾かないし 今後の選択もどうしたらいいのか、踏ん切りつかない。 ここ数ヶ月、勉強から逃げまくっていたのに 子どもの成績は、ある程度は保たれていたことがわかり だいぶ驚きました。 もしも勉強してたらあがったのか それともこの「ある程度」がうちの子の限界なのか。 ここからどんなふうに子どもが腑に落ちる人生を送れるよう 持っていってあげられ…

へたれ母に風邪がうつる・・・

の・・・のどが痛い・・・ か・・・からだがだるい・・・ うちの子はすっかり元気。 人にうつすと治るというのは本当っぽいです。 こんなことなら、はやめにうつってあげればよかった? いや。 車のお迎えがいけなくなってしまう。それも困る。 お弁当を作る時間に一旦起きて あとはお迎えの時間までねてよ。 受験生の皆さん。 親子で体調管理、気をつけてくださいね。

結局風邪で、寝込む…この時期なのに…

母。へたれすぎて 子どもの体調管理を怠っていました。 とほほ。 それしかやることないのに。 自分が不安で、心が苦しいことに 全てが支配されてしまって 本当に目を向けていなければならない我が子から 目をそむけていた天罰のような出来事です。 へたれ母は、ダメ母にもなるんですね… 寒暖差が激しかったり 入試説明会に行ってたとか 全部言い訳。 母が入試まで、感情が持つのか不安です… いまはそんなことより…

過去問、はじめてみて・・・

その大変さに、ようやくうちの子が気が付きました。 過去問をやる時間を捻出するのが大変そうです。 で、10月下旬に習い事の試験を控えているのに 「習い事、やめる」 と言い出しました。おやおや。 だから、夏前にはやめようよって言ったのに という言葉は、喉まで出かかってやめました。 本人の受験です。ある程度本人の意思を尊重しないと。 というわけで 試験の日だけ受けには行くけど(お金払っちゃったから)。…