ここから、その先へ

「人間には、いつでも新しいことをはじめる力がある」ー大好きな言葉を思い

いつでも、ここが出発点。
何事も自分の気持ち一つということに
うすうす気がつきはじめました。

日々のことをつづりながら
子どもの成長を見守ります。

比べるものではないことなんだけれど

友人(男性)から電話があり
「双極性障害で仕事を休職している」
と。


休んで2年くらいたつようで
現在、毎日3時間くらい職場にいっているそうです。
治療に専念するために
家族とは近隣別居したそうです。


「このまま退職することになったらどうしよう。
 家族も仕事も失って、何もなくなってしまう。
 そんなことを考えていると死にそうになる。」


焦っているのが、すごくわかりました。
焦りが禁物、とよく聞くけれど
もっとゆっくりした方がいいんじゃないのかなと
素人考えで思いました。
(何も言えなかったのですが・・・)


本人も辛いだろうけれど
きっと家族も辛いだろう。
お子さん2人も、お父さん大好きだったから。
私の想像を超える気持ちを抱えているんだろうと
すごく切なくなります・・・


人生折り返し。
いい人生ってなんなのか。
違う角度から考えさせられます。


子の受験のあとは、私も死にそうな気分だったけど
でも、元気に楽しく学校に行っている姿を見ると
健康であることが一番なんだなって
今、すごく幸せなんだなと思います。



立ち直る、って簡単に言える言葉だけど
実際はそんなに簡単なことじゃない。
だからこそ、立ち直ることは
とてもすごいことなんだなって思う。


戦争など何らかの理由で近親者をなくしたり
事故や災害で何もかも失ったり
ほかにも私が想像もつかない経験してきて
それでも笑顔でいまを生きている方々をみると
その心のうちは、推し量ることもできないくらいで。


比べることではないんだけど。
人それぞれの心の重みにかかってくることなのだから
比較なんてできないってわかっているんだけど。

私の不幸なんて、なんてちっぽけなんだろう・・・