ここから、その先へ

「人間には、いつでも新しいことをはじめる力がある」ー大好きな言葉を思い

いつでも、ここが出発点。
何事も自分の気持ち一つということに
うすうす気がつきはじめました。

日々のことをつづりながら
子どもの成長を見守ります。

気分転換

ミッドライフ・クライシスかな?と思い
自分でも、いろんなことにやる気がなくなっているのを自覚しました。


きっと
急激に「自分」の意味や役割が変化したことに
自分がついていけていないんだろうなって思った。


今は、いままで一度も手に取ったことのない
村上春樹を読んでみている。
一応、有名な「ノルウェーの森」を読んでみた。
今は「1Q84」を読んでみている。


文章が読みやすいので、意外と読み進められるなというのが
感想です。