ここは通過点

過去と未来の間に
今います。

日々のことをつづりながら
子どもの成長を見守ります。

親子関係を、なんとか

先週は理由も言わず「頭が痛い」と2日間学校を休み
3日目には無理やり父に学校に連れていかれました。


父もいない今回は、ずっと朝からもにょもにょ。
はじめて学校に行きたくない理由を話しました。


今、心がぐらついているうちの子。
学校で、受験をしている子が2~3名しかいないクラス。
終わったら、興味本位でみんなが聞いてくる。


それは、小学生なら普通。
でも、傷が深いうちの子には耐えられず。


学校行きたくないと言っていましたが
説得し、保健室登校。


みんなの視線をはねのけるくらいの強い気持ちを持ってほしい。
でも、それがまだできるほどでもない。


今、無理させると
親への信頼感を失ってしまいそうで
あまり強く言えずに、甘やかしてしまっているのだろうか・・・
それでも、今、そばに寄り添ってあげられるのは
やっぱり親しかいないので
あまり突き放さないように、でもなんとか一人立ちできるように。


引きずることがないように
気持ちを持っていってあげられなかった
親の失敗かな・・・