ここは通過点

過去と未来の間に
今います。

日々のことをつづりながら
子どもの成長を見守ります。

神様はいない・・・結果があるだけ

以前からずっと読んでくださっている方は
記憶にあるかもしれませんが
うちの子、小6の1学期に塾でひどいいじめに遭い
自宅から1時間半はかかる塾に移りました。
(信頼できる先生がいたので。
 傷ついたうちの子を、何も言わずに受け入れてくれました。
 温かい・・・)


学校が終わってから、夜遅くまで。
行きは電車で一人で行き、帰りは車でお迎えに。
でも、自宅に戻ると10:00過ぎ。
そんな生活を、半年以上続けていました。


それでもけなげに「がんばる」と
理不尽な状況を、本人受け入れ、必死に頑張ってきました。


で、最近、いじめていた相手の進学先を知りました。
公立中高一貫校に進学するそうです。
多分、大喜びだろうなと、想像します。
しかもつるんでいじめていた数名が、同じ学校。


うちはうちで、がんばりました。
本人の望む結果ではないけれど。
でも、いじめっ子は、塾ではひどいことしていても
学校では猫を被ったいい子ちゃん。
そんなことは、学校の先生は知る由もない。


公立の先生の人物の見抜けなさに
なんだか、がっかり・・・
結局、公立って、影で何してても先生気がつかず
先生に媚びれる子が残っていくのかなぁとか
ちょっとモヤモヤしています。
(※もちろん、そんな子ばかりではないと思っています。
  たまたま、重なっただけです。)


でも、媚を上手に売れるのも、一つの才能。
そういう形でしか、生きていけない人もいます。
否定することではないですね。


うちは、そういうところから、離れていけばいいだけ。
住む世界の違いと、割り切って。


自由に、のびのびと、幸せに
うちの子が生きていってくれればいいなって思います。